Copyright 2020 Mari Adachi. All Rights Reserved.

About

4歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向。卒業後、同大学研究生修了。ウィーン国立音楽大学室内楽科を経て、ローザンヌ高等音楽院修士課程(最高点)、ソリスト修士課程を修了。


ソリストとして、バーデン=バーデン・フィルハーモニー、ローザンヌ室内管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等と共演。2018年に深沢亮子とCD『Winterreise』をリリース。2019年には東京オペラシティ文化財団主催「B→C」に出演、好評を得る。精力的にヴィオラ・リサイタルを開催し、ヴィオラの魅力を様々な形で伝えている。


バンベルク交響楽団にて客演首席、インスブルック交響楽団にて副首席を務めたのち、2016年より

パーヴォ・ヤルヴィ率いるエストニア・フェスティバル管弦楽団メンバー。以来、パルヌ音楽祭、ヨーロッパツアー、BBCプロムス公演、来日ツアー等参加。現在、国内オーケストラへも多数客演している。


2016年より新進気鋭の次世代型アンサンブルEnsemble FOVEメンバーとしてのオリジナルプロジェクトに出演するほか、2019年にはEnsemble FOVE初のオリジナルアルバム『ZINGARO!!!』をリリース。また、

米津玄師宇多田ヒカルなどの楽曲にも演奏で参加している。


そのほかAmity Quartetとして毎年リサイタルを開催、『ラ・フォルジュルネ・オ・ジャポン』出演など、

室内楽奏者としても精力的に活動している。


2019年には『熊本城ホール開業記念公演 Ryuichi Sakamoto Presents:Reconnect -熊本と東北をつなぐ-』の公演で
坂本龍一藤原真理とピアノ・トリオを演奏。その模様はNHK-BSプレミアムで放送される予定。そのほか、テレビ朝日『題名のない音楽会』、NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』などのメディア出演等、活躍の場を広げている。
(敬称略)