Photography by Sho Yamada   
Mari Adachi, viola & Ryoko Fukasawa, piano DUO 

Winterreise

『Winterreise 冬の旅 viola & piano duo』
安達真理(ヴィオラ)&深沢亮子(ピアノ)

収録曲:
シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ
シューベルト:歌曲集《冬の旅》より抜粋
シューマン:アダージョとアレグロ

“言葉で表現すると難しくなるが、このCDを聴いてくださる方なら数秒間で、「あぁ、深沢亮子のシューベルトだ、安達真理のシューベルトだ」という感想を持たれると思う。稀有の資質を付与されてこの世に生を享け、理想的な教育と風雪の歳月を経て磨き抜かれた再現芸術家二人の個性が、古今の楽聖の作品の演奏を通じて、私達の心を打つのである。 ”
音楽プロデューサー 中野 雄
(ライナーノートより)

発売元・販売元:株式会社 アート・ユニオン
価格: 2 , 808 円 (税込)
発売日: 2018 年 1 月 17 日

【 サイン入りCDのお申込み】
ご希望の方は、 メール( mail@mariadachi.com )、 Facebook や Twitter 等 SNS のダイレクトメッセージに、枚数、送付先のご住所、サインの有無(安達真理のみ)を明記の上ご連絡ください。
折り返し、代金お振込先、送料(例: CD 1枚国内配送の場合、全国 200 円均一)をご連絡いたします。

 
タワーレコード、アマゾン等での販売、 iTunes等 でも配信中!また、今後の演奏会会場やイベント会場等での販売も予定しております。

"Winterreise viola & piano duo"
Mari Adachi (viola) & Ryoko Fukasawa (piano)
 
Schubert: Sonate “Arpeggione”
Schubert: Winterreise (extracts)
Schumann: Adagio und Allegro
 
Publisher / distributor: Art Union Corporation
Price: 2,808 yen (tax included)
 
You can get my CD from Amazon.co.jp or download from iTunes/Spotify and others!

CDリリースに寄せて 

Some words from me...

 CD リリースに寄せて~「孤独」に寄り添う「冬の旅」~ 
 
人は誰しもが孤独感というものを味わったことがあるのではないだろうか。この身体という物質的な制限を頑なに信じる限り、その孤独感を完全に拭い去ることは難しいように思う。孤独感が悪いものだとは決して思わない。孤独感を感じるからこそ、人のぬくもりや思いやりを実感できる。 
 
今回収録したシューベルトの「冬の旅」は、まさにそんな孤独感にぐっと寄り添ってくれる。信頼できる友人に話を聞いてもらって、ただ何も言わずにその場で真摯に耳を傾けてくれるだけで心穏やかになれたりするように、音楽と心が共振し、癒される。この共感こそが、不朽の名作の条件のようにも思える。人と感情は、それだけの深い繋がりを持っている。この「冬の旅」が、リスナーにとってそのような存在となってくれたら、これ以上に嬉しいことはない。 
 
「冬の旅」からは、今回9曲を抜粋した。
歌曲をヴィオラという器楽で演奏するにあたって、私にとっては新たなチャレンジとなった。もちろん楽曲と器楽の相性や全体のバランスを考えて、抜粋する曲を決め、歌詞、作品について書かれた文献を読み、言葉の奥に隠れた内情や繊細な心理描写を、言葉なしにお伝えしようと試みた。また、歌詞を読まなくても、歌詞がないからこそのシューベルトの音楽そのものの無垢な世界も堪能していただけるのではないかと期待している。 
 
歌詞を読んでから、世界に浸るもよし。自由にシューベルトの音楽世界に身を置き、自由に感じるもよし。悲しみ、怒り、畏れ、諦め、決意、憧れ、夢、そして愛 ... 一曲一曲が本当に多種多様な世界を描き出す。奏者の私自身がそうであるように、気分によって聴きたい曲が違ったり、同じ曲でも感じ方が全く変わったりということが起こるだろう。そんな一瞬一瞬の心の化学変化を楽しんでいただけたら嬉しい。 
 
CD のブックレットには、音楽プロデューサーの中野雄先生が素晴らしいライナーノートを書いてくださった。蛇足になるが、一曲ずつ、またブログなどで私なりの解釈をご紹介できたらと思っている。 
 
さて、ここまでは CD のタイトルにもなっている「冬の旅」の話をメインにしてきたが、同じくシューベルト作曲の「アルペッジョーネ・ソナタ」も晩年の作品で、ともすれば明るい曲にしか聴こえないかもしれない音楽の裏に潜み、「冬の旅」とも共通するシューベルトの人生観や心情に想いを馳せながら演奏した。 
 
そして最後のシューマン作曲「アダージョとアレグロ」。モーツァルトの音楽が天上の音楽だとしたら、シューベルトの音楽はその間を行き来する音楽。シューマンはむしろ、この世での「生」を実感する音楽のように思う。「 the  感情」が揺れ動く、非常にロマンティックな作品。いつ聴いても、いつ弾いても、ウットリと、そして心に身体に熱が帯びる。 
 
最後に、この録音の実現に向けて強力なサポートをしてくださった中野先生、奏者の吐息や細かなタッチまでリアルに臨場感溢れる録音で描き切ってくださったキクチミュージック・ラボの菊池光男さん、ブックレットデザイン含めご尽力いただいたアートユニオンさま、最後に、このデビュー CD のきっかけを作ってくださり、ヨーロッパの香り溢れるピアノ演奏でたくさんのインスピレーションと新たな音楽表現の扉を一緒に開いてくださった深沢亮子先生への感謝の気持ちを込めて。

2017年12月 安達 真理

Have you ever felt loneliness? 
As long as we believe in this physical limitation, it seems its quite difficult not to feel it. Of course, its totally natural feeling to have. Thanks of that, we feel warmth of people and we can be grateful to have beloved ones around us.
 
I think SchubertWinterreise is a piece that can stay with your loneliness.
It is like when you feel calmer with your close friend who actually doesnt really tell you anything but just being with you and listening to you carefully ...
You might be able to share your feeling with this Schubert’s sensitive music and be healed. 
I think, this kind of sympathy must be one of the important keys to be immortal work of art.
People and emotions have such deep connection. If this CD becomes like your close friend, there is nothing more to expect for me.
 
We recorded 9 songs from the Winterreise.
It was a challenge for me to play originally vocal songs with an instrument. We decided the extracts considering what can be good combinations with the songs and my viola sound. Of course, also the whole balance as a disc. 
I read the lyrics and some books about the work to understand the inner feeling hidden behind of the words and tried to express it only with my sound. I would be also very happy if you enjoy the pure musical world that Schubert created.
 
You might enjoy the music after reading the lyrics. 
You might enjoy just the flow of the music.
Sadness, anger, fear, acceptance, decision, longing, dream and love...each songs show you a variety of emotional worlds. You will be recognized that depends on your mood, your favorite song will be changed or a song can give you totally different impression. It happens also to me. Feel free and enjoy that chemical change of your heart, it’s always so magical.
 
I also recorded Schuberts famous Arpeggione Sonata. It was composed also at his last period. The music itself sounds like nice and easy though, I was trying to feel Schuberts Philosophy and feelings behind the music that is related to the Winterreise
 
The last piece of this CD is SchumannAdagio und Allegro
I feel that Mozart wrote music of heaven and Schubert wrote music between heaven and this reality. How about Schumann? 
I think his music even reminds us our lives in this world strongly. Very romantic piece and it moves our THE emotions. Whenever I play or listen to this music, my body and my heart always react like Im falling in love to someone.
 
In the end, I wanna thank to Mr. Nakano, the music producer who supported this project, to Mr. Kikuchi, the engineer who recorded this CD, to the Art Union Co. and to Mrs. Fukasawa, the brilliant pianist who has given me such inspirations and opened the door to find my new musical expression together. So much love in this disc.

December 2017 Mari Adachi